ぱちんこCR北斗の拳攻略法2 − 台選びが攻略を加速する!

スポンサードリンク
ぱちんこCR北斗の拳もデジパチの一機種として例外ではなく、デジタル画面を回すスタートチャッカーへの球の入りやすさを最優先にした台選びをするのが当たり前のこと。ところがこの台選びの”明確な基準”というものが、意外と活用されていないのが実情なんですね。

ホールで、”なんとなく良く回りそう”といった感覚的な判断のみから「今回はこの台でいこう。」というような台選びをしていても負けないのであればOKですが、そうでないなら、次からは是非”ボーダーライン”を活用した台選びをするようにしてみてください。

ボーダーラインは、収支が0になる1000円投資当たりのデジタル画面回転数を換金率ごとに導き出した言わばパチンコ台の損益分岐点ですから、台選びをする明確な基準としては、唯一無二と言っても良い程のもの。ぱちんこCR北斗の拳では次のようになっています。

【ぱちんこCR北斗の拳HVJS ケンシロウタイプ(BLUE Ver.) ボーダー ※時間無制限】

換金率:2.5円 → 回転数:24回
換金率:3.0円 → 回転数:22回
換金率:3.5円 → 回転数:19回
換金率:4.0円 → 回転数:17.5回

【ぱちんこCR北斗の拳HVJT ラオウタイプ(RED Ver.) ボーダー ※時間無制限】

換金率:2.5円 → 回転数:23回
換金率:3.0円 → 回転数:21回
換金率:3.5円 → 回転数:19回
換金率:4.0円 → 回転数:17.2回

またもうひとつ台選び基準として加えたいのが、16R大当たり時に消化スピードを重視した仕様から開く右下のアタッカー。標準であればほとんど球こぼれしないこのアタッカーが球こぼれするよう無理に調整されているようなら、その台は絶対に避けるべきと言えるでしょう。

ぱちんこCR北斗の拳攻略法1 − 想定が攻略を左右する!

スポンサードリンク
攻略を進めるに従って重要になってくるのは、実のところ事前の攻略想定。そしてこの想定には様々な手法があって、人によってそのやり方も異なるわけですが、ベースになる情報として汎用的かつ有効に活用できるのは、やはりメーカーが公表している機種の基本情報であるスペックに他なりません。

ですから先ずは、賞球数はどうなっているのか?、大当り確率は高・低で各々どれくらいなのか?、確変突入率は?、時短の回数は?といった各情報を、何よりも優先してしっかりと把握することが肝要。そのスペック、ぱちんこCR北斗の拳では次のようになっています。

【ぱちんこCR北斗の拳HVJS ケンシロウタイプ(BLUE Ver.) スペック】

賞球数:3&4&13&15
大当たり確率:低確率時1/399.6 高確率時1/40.0
確変突入率:82%
ラウンド数:16ラウンド
カウント数:7カウント
時短:2R通常大当たり終了後60 or 80 or 100回

【ぱちんこCR北斗の拳HVJT ラオウタイプ(RED Ver.) スペック】

賞球数:3&4&13&15
大当たり確率:低確率時1/399.6 高確率時1/40.0
確変突入率:80%
ラウンド数:16ラウンド
カウント数:10カウント
時短:2R通常大当たり終了後40 or 60 or 80回

このスペックから、例えばケンシロウタイプは連荘期待度が高くラオウタイプは確変突入率が下がるものの、その分カウント数が大きく平均出玉が多いということが分かりますが、そういったことが分かるだけでも、自分なりの当たり具合に対する想定ができますよね。

こういった想定がないと、見切りを間違えて投資を無駄にしてしまいかねないので、冒頭でも述べたように、事前の想定をできる限りしっかりとすることが大切になるわけです。そして想定ができたら、次は実際のホールでより良い台選びをすることが重要になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。